Skip to main content

犬に与えてはいけない食べものについて

私たちは何気なくワンちゃんに様々な食べ物を気軽にあげてしまいがちですが、実は彼らには与えてはいけない食材があります。

そんな食べ物を知らないであげてしまうと、最悪の場合にはワンちゃんが死に至ってしまうケースもあります。

そんな悲しいことにならないためにも、今回は、ワンちゃんに与えてはいけない食材などを調べてみたいと思います。

犬に与えてはいけない食べ物

×タマネギ、ネギ、ニラ、ラッキョウ、ニンニクなど(ネギ類の仲間やゆり科植物)

ワンちゃんの赤血球を破壊する成分「アリルプロピルジスルファイド」が含まれて、赤血球が壊されるため気を付けたい食べ物です。

×ぶどうやレーズン(干しブドウ)

ワンちゃんがぶどうやマスカットをたくさん食べてしまうと、嘔吐、下痢、食欲低下、尿が出なくなることがあるため気を付けたい食べ物です。

×チョコレートやココア(カカオ類)

カカオに含まれている成分が、健康を害することがあるため気を付けたい食べ物です。

×日本酒などのアルコール類

ワンちゃんの身体はアルコール分解ができないので、たとえ少量であっても死に至ってしまうことがあるそうです。酔っぱらった姿が可愛いからと、面白がって気軽に飲ませてしまいがちですが止めましょう。

×マカダミアナッツ

ワンちゃんによっては中毒症状を起こす危険性があるので、食べさせない方が良い食材です。

×キシリトール

以前はワンちゃん用の歯磨きなど用のオヤツにも使われて、現在は人間用のガムに使用されているものです。

キシリトールを食べると、死に至るケースもあるそうなので気を付けましょう。

×豚肉(生)

生の豚肉には寄生虫が悪影響を及ぼして危険なケースがあるそうです。

×スルメ

食べると胃の中で10倍以上に膨れてしまうので、とても危険な食べ物だと考えられています。

これらはワンちゃんにとても危険な食べ物などです。

では、次は過剰に摂取すると危険な食べ物にはどんなものがあげられるのでしょうか?

過剰に摂取すると危険な食べ物

△ココナッツ

「胃の不調」「軟便」「下痢」になる可能性があり、ココナッツウォーターはカリウムが高いので避けた方が良い食材です。

△野菜類、おからなど

野菜に含まれるセルロースを消化できないので、たくさん食べると「下痢」「便秘」などになってしまいます。

では、食べてはいけない食材をワンちゃんが食べてしまった時の対処法はどうしたら良いでしょうか?

対処法、応急処置の方法

濃い塩水をスポイトやスプーン、プラスチック製のコップなどを使用して飲ませます。
次に、犬の口の奥まで指を入れて吐かせます。

行なう場合には、一度獣医さんに確認をとってからが良いでしょう。

また、すでに中毒を引き起こしてしまった場合には、できるだけ早く動物病院で診察を受けて下さい。

その時に、獣医さんへ伝える3つのポイント

▲何を食べたか
▲どのくらい食べたか
▲いつ食べたか

これをキチンと獣医さんに伝えることで、迅速に適切な処置を行えるようになります。

日ごろからワンちゃん与えても良い食材を知っておくおとで、ワンちゃんの健康の安心や安全につながります。

まとめ

ワンちゃんには私たちと違って食べていけない食材や、大量に食べていけない食材があるので、キチンとその食材を把握してあげ健康に結びつけましょう。

また、野菜や卵などは、過熱をしたり細かく刻んだりすることで、たくさん食べ過ぎなければ健康にもつながるものですので創意工夫をしてあげましょう。

 

Pocket